2010年03月26日

銀魂春祭り2010(仮)

というわけで。日付変わって昨日行われた『銀魂春祭り2010(仮)』に行って来ましたよ。と言っても私が行ったのはライブビューイングのほうですが。しかも会場着くの遅すぎてパンフレット売り切れてましたが。まあそれはともかく。

いやあ、もうね。凄く楽しかったです。そりゃあもちろんできれば両国国技館でナマで観たかったですが、ソレスタルビーイン……じゃなくて(そう銀さんの中の人が声かけてたんですよ、といちおう言い訳)ライブビューイングでも十二分に楽しかったです。ライブビューイングだけの特典映像(?)のようなモノもありましたし。

内容は……(えー、検索するとレビューがザクザクと出てくるので詳細はこのあたりをご参照ください…と半ば丸投げしつつ……)、えー。DOES他、主題歌を歌うアーティストのライブや、生CM(?)を挟みつつの最終回放映、大反省会やお通ちゃんライブなどなど盛りだくさんだったわけですが。やはりイベントパートで声優さんたちが生で声をあてているのを観ることが出来たのは凄く面白かったです。いやあ、声優さんってスゴイですね。

個人的には、反省会での近藤局長の生アテレコによる回想シーンが私が銀魂にハマるきっかけとなったアニメ第81話(第133訓)『女の一番の化粧は笑顔』の例のバナナ入刀の場面だったんですが(それだけでももうツボに入りまくりで嬉しいわけですが)、この部分の台詞を「鷹じゃなくて…」ではなく原作通り「加○鷹じゃねーんだよ!」となってたのがムラムラしま……じゃなくて、ツボでした。ってどんなところに反応!?って、いやまあ、そういえばテレビじゃ「加藤」って言ってなかったなあ、と。……やっぱマズいわけ?いろいろと。(?)

あとは半ナマ(って変な言い方ですがライブビューイングだったので、いちおう)で「攘夷がJOY」のカツラップを聴けたのには驚いたなあ。中井氏(笑)の新撰組&トッシーコスプレにもビックリだけど。トッシー(の服)、リアルで見るとけっこうインパクトありますね。お通ちゃんにも衣装についてツッコまれてましたし…。あ、あとは最後に監督(高松信司&藤田陽一のお二人)が挨拶してくれたことも嬉しかった。

あ、あと。これはライブビューイングだけの大特典だったと思うのですが。ステージが終わって舞台裏でキャストの皆さんが一言ずつ挨拶してくれたわけですが、そこで中井氏が「最高のパーリィだったぜェェ」と、奥州筆頭になってました。どよめく劇場。やっぱレッツパーリしたくてうずうずしてたんですかね、とかなんとか。あとは、あとは……キリがないのでまあこの変で。(あ、決して内容を覚えてないわけではないですよ……)

まあそんなわけで。とにかくとにかく楽しいイベントでした。とりあえず昨日でアニメも最終回を迎えたわけですが、エリザベスの中の人も言うように昨日はテレビ銀魂の「一旦終了」の日ということで、またいつかしれっと次期が始まるのを待ちつつ、とりあえずは劇場版を楽しみに過ごします。あ、その前に池袋行脚かな。

…いやあ、それにしても。私は昨日のライブビューイングをT・ジョイ 大泉まで観に行ったんですが、ビックリするほど最寄り駅から遠かった。都内だと思ってナメてかかって出向いちゃったんですが、歩いても歩いても辿り着かない。途中でどこに居るのか分からなくなり危うく迷子になりかけたよ、ホントに。私が手にしていた簡易地図なんぞロクすっぽ役に立たなかったです。駅には18時半より前に余裕で着いていたのに、18時40分にはまだ駅周辺をウロウロしてたし。おかげでこの歳になってまで、同じく映画館目指している10代とおぼしき娘さんたちといっしょに全力で走る羽目になっちゃったぜ。いちおう開演には間に合ったけど、あんなに汗びっしょりになるほど走ったの久々だよ。ゼーゼー。

今さらだけどバルト9で観れたらよかったのに……って、あ!何この劇場案内……って、最後関係ない話でゴメンなさい。



タグ:銀魂
posted by マグりん at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画

2010年03月24日

そんなことがたまらないのだ

Twitterでもつぶやきましたが……クマですよ、クマ。

小沢健二、ヴォーグ誌でニューヨークの生活語る

ライブは追加公演すらも行かれそうもないですが、とりあえずこうやってニュース記事や公式サイトで新しい情報が得られる状況ならまあ良いかなあと思わなくもない。いや、できればライブにも行きたいですけど。

とりあえず「VOGUE NIPPON」と「ROCKIN'ON JAPAN」の5月号は買うかな。後者はオリジナルが実家にまだ在る(はず)だけど、書き下ろしの前文というのも読みたいし。

公式サイト:

タグ:小沢健二
posted by マグりん at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2010年03月20日

Twitterはじめました

Follow me on Twitter春なので……Twitterはじめました。

……と言ってもまあつぶろぐ過去ログにもあるとおり、アカウントは既に取得済みだったわけですが。ブツクサとつぶやいてから二年近くの時を経て、ようやく本格始動って感じですかね。大げさですが。しかもしょっぱなから鼻血出してますが。

いやあ、しかし。二年前には使い方も何もかもがサッパリだったんですが、今はヘルプとか解説してくれる親切なブログとかいろいろと充実していて分かり易いですね(私自身が本当に理解しているかは別として)。まあ二年前も本気で探せば親切な人は居たんでしょうが、当時は私の興味もそこまでではなくて。でもほら、今はなんか流行ってる(?)みたいだし、私も言ってみたくなったんですよね、「だう!」って。(何か違う)

とりあえず、始めたからには飽きるまで続けてみようと思います。自分がつぶやくよりもフォローしているいろいろな人(有名人やらbotやら)の発言を読んでるだけで満足しそうな気もしないでもないですが。

まあそんなわけですのでツイッターな方もそうでない方もよろしくお願いします(ちなみにTwilogも使ってます)。ツイッターな方は気が向いたら声でもかけてやってみてください。しばらくはチェックしてるので気がつくと思います。……。いや、頑張るよ……

タグ:twitter
posted by マグりん at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB

2010年03月14日

今日買ってもらったプレゼント

Apple iPod nano 第5世代 8GB ピンク MC050J/A 最新モデル 3月14日はホワイトデー、というわけで。バレンタインのチョコのお返しとして家人からiPod nano(8GBのピンク)をプレゼントして貰っちゃいましたよ。いよ太っ腹。ていうかまあ私が今年はコレが欲しいとピンポイントで強請った(ゆすった…ではなく、ねだった)からなわけですが。

ま、実際は今日買ってもらったわけでもないんですけども。しかもよくよく考えると(考えなくても)三倍返しどころの騒ぎじゃないわけですが。まあ、それはともかく。

第二世代と第三世代のiPodが壊れてからというものポータブルプレイヤーは初代iPod shuffle(1GB)しか持っていなかったのですが、最近じゃ出先どころか家でも音楽聴くこともめっきり少なくなったのでコレしか持っていなくても何ら困ったこともなく、故障知らずのiPod shuffleは余裕で現役だったりしていたわけです。

そんな私がなぜ今になってiPod nanoを欲しがるようになったかと言いますと。実はホントは新しい「歩数計」が欲しかったからなんだよね……って言ったら家人には「えーッ!?」と驚かれ「じゃあわざわざ高いiPod nanoじゃなくて歩数計で良かったんじゃ?」と返されましたが。うん、まあ、そうなんだけどさ。

しかし歩数計が欲しいと言っても、ウォーキングが趣味だとか日課だというわけでもなく。ただなんとなく日々の歩数を知りたいという思いで購入してみても、けっきょくいつもしばらく経つと持ち歩くの忘れちゃったり持ち歩くの面倒くさくなっちゃったり邪魔になっちゃったりして最終的には電池切れして放置、なんてことになりかねない…ていうか実際何度もなっている。

なので、このタニタのガーリー歩数計がとっても可愛くて気になるんだけれども、どんなに可愛くて多機能でもけっきょくは歩数計。エクササイズメッツだのクマが応援だのではなく、なんかもっと持ち歩く理由になるような機能のついた歩数計はどこかに無いのかしら?なんて我がままな条件で探していたところ……iPod nano 5thに辿り着いてしまった、というわけなんですね。まあ普通はポータブルプレーヤー欲しくてiPodに辿り着くもんだろうけど。自分でもビックリだ。

そんなわけなので、私のiPod nanoは手にしてからというものほぼ毎日「歩数計」として使ってます。もちろんいちおう音楽聴いたりムービー観たりもしてはいるんですが、音楽停めても歩数は計ってるわけなので、なんとなくイメージとしては歩数計るついでに音楽聴いてるような感じ。iPodなのに。

いやでもしかし。噂には聞いてたけど改めて手にしてみると凄いね、iPod。こんなに薄小さくなってカラー液晶になってアレコレと機能がついちゃって。あのずっしりと重い豆腐のようなiPodで音楽を持ち歩いていた日々が懐かしいような、そうでもないような(どっちだ)。

posted by マグりん at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノ