2008年08月03日

第56回戸田橋花火大会

第56回戸田橋花火大会昨日「戸田橋花火大会」を観に行ってきましたよ。

この暑い日にわざわざ混雑する場所に行くなんて以前の私だったら考えられない行動ですが、なぜか昨年に続けて連続では二度目、数年前にも一度行っているのでトータルでは三度目の戸田橋花火大会。恒例行事になりつつあります。なんでだろう。しかも戸田橋よりも「いたばし花火大会」のがうちから近いのに。なんでだろう…

昨年は100均で遠足シートとコンパクト座布団は買っていったものの、ビールや食べ物は現地調達だったため露天にけっこうなお金落としまくってたんですが(ビール350ml缶が500円とか、トマト1個数百円とか。高いねー)。今年は学習したので、保冷バックと保冷材持って、野菜類は持参、ビールやちょっとしたおつまみは地元のコンビニで購入してから行くことに。で、現地では焼きモノをちょっと買おう、という方法に出たのですが。

今年は屋台の魔力に惑わされないぞ!と思っていたのに、バターやソースの匂いも手伝って見るもの見るもの美味しそうに見える。ああ、じゃがバターに餡餅、どれも美味しそうだ。うっかりアレコレ買っちゃいそうな衝動に駆られながらも、とりあえず私は焼きイカを購入。

あとは持参した野菜とコンビニで買ったおつまみとビールで乾杯だ…と思ったけど露天の入り口から河川敷までたどり着くのに時間かかりまくり。保冷剤の配分間違ってせっかくのビール(黒ラベル)はちょっとぬるくなっちゃったし。さらにはやっぱり屋台の魔力に負けて焼きイカ、けっこう大きめのを姿でまるっと一杯、さらにゲソまで買っちゃってるし。明らかに量、多い。しかも食べづらい。美味しかったけど。完食しましたけど。来年はゲソだけでいいや…

第56回戸田橋花火大会で、肝心の花火はと言うと。そりゃあキレイでしたよ。って当たり前だけどさ。やはり生で見る花火は迫力が違いますな。見た目もさることながら、ドーンという大音響も堪能できるし。イカもビールも美味いし。

観客の話し声と屋台の人の呼び込みの声でプログラムのアナウンスなんて全然聞こえないんで何が何やら分からなかったけど…ってそもそも聞こえていても全然分からないんだけどさ。それでもフィナーレの大迫力には拍手喝采。大きいなあ、キレイだなあ、迫力あるなあ、で充分楽しいから良いのです。ビール美味いし。

帰りの相変わらずの改札前での混雑ぶりには参るけど、楽しいからまた来年も行きたいなあ、と夏のイベントなんてクソ食らえな私にしては珍しいことを言ってみる。まあ、屋台とビールも私を花火大会に駆り立てる原動力になってるのだとは思うけど。というかむしろそれが目当てなのかも?感覚的には、イベントつきのビアガーデンみたいな感覚なのかもしれない。まあ、それもいいか。

おまけ:
Advanced/W-ZERO3[es]で撮影したフィナーレの動画アップしてみます。たった30秒、しかもブレブレ、周辺の人々の声が入りまくりですが。



タグ:花火大会
posted by マグりん at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠足・旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。