2008年08月31日

映画「崖の上のポニョ」

崖の上のポニョ サウンドトラック♪ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子。というわけで。つぶろぐでもチラッと触れましたが、先日なりゆきで映画「崖の上のポニョ」を観に行ってきました。

この映画、私は楽しめました。底意地悪い人は一人も出てこないし、ポニョは可愛いし、宗介は5歳にしちゃしっかりし過ぎだけど賢くて良い子だし、ポニョの妹たちも可愛いし。細かい説明がいっさいないままストーリーが進んで行くので「?」な部分も多いですが(パンフレットにはそのフォローのように細かい設定・説明が載っていますが)、何も考えずにハッピーエンド、と思っちゃうほうが幸せだと思いました。

夏休みに親子が観る映画としては良い映画だと思う。実際、親子連れが帰り際に「面白かったね」と言い合ってるのを何組か目撃しましたし。印象的だったのは、やはりこの映画を観た人が帰り際に「子供の可愛い仕草をよく観察して丁寧に描いている」と話していたこと。ああ、なるほどね。ポニョの言動は小さい子の可愛い部分を凝縮したような感じなのかも。

宮崎アニメの中ではトトロに近いファンタジー作品ですが、トトロと違うところは、まったくハラハラさせない所でしょうか。トトロはメイちゃんがトウモロコシ抱えて走り回るシーンはハラハラさせられたもんですが(私だけ?)、ポニョに関しては、明るいポニョに聡明な宗介、カッコ良いリサ。それぞれがトラブルにぶち当たっても、彼らなら大丈夫でしょう、と何の心配もなく観ることが出来てしまう。けっこうなトラブルに巻き込まれているにも関わらず、それほどハラハラドキドキ感が無い。だけど別に物足りなくない。不思議だけど(笑)。でも、この映画はそれで良いんじゃないかと思う。

そうは言っても実は私、観る前(正しくは、自ら観てみたいな、と思う前)までは、狙い過ぎのあざとい映画なんじゃないかと思ってました。初めてこの映画の存在を知ったのが今年の劇場版・名探偵コナンでの予告編だったのですが、例の「ポーニョ ポーニョ ポニョ」という狙ったような、これぞ子供の歌声と言わんばかりの女の子の歌声とともに小さな赤い魚の子の映像が、なんだかもうわざとらしさムンムンに感じて白けてしまって。その予告編観てからしばらくは「絶対観ない!」と公言するほど、頑なに拒否してたのです。

が、賛否両論あれど、なかなか評判も良いらしいし、ちょっと興味を持ちまして。で、実際に観に行ってみたら、すんなり素直に楽しめちゃいました、という感じ。そういえばハウルもそんな感じだったなあ(ハウルの初見はDVDだったけど)。

崖の上のポニョ予告編でちょっと白けたあの歌も、実際に映画観たあとでは何も考えずに可愛いなあ、とついつい口ずさんじゃうくらい。

なので、ここは一つCDでも買っちゃおうかなー……なんて思いながらパンフレットをよくよく読み返してみたら。

…え?歌、藤岡藤巻と大橋のぞみ、の“藤岡藤巻”…って。ま、“まりちゃんズ”!?!? まりちゃんズって言ったら、“尾崎んちの婆は七十二!”の「尾崎家の祖母(おざきんちのばばあ)」じゃん!「ブスにもブスの生き方がある」じゃん!!こりゃビックリ。

しかしまあ、なんで藤岡藤巻を起用したんだろう……侮れん、ジブリ。

参照サイト:



posted by マグりん at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | TV・映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

崖の上のポニョ 歌
Excerpt: 映画「崖の上のポニョ」崖の上のポニョ サウンドトラック ♪ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子。というわけで。つぶろぐでもチラッと触れ...
Weblog: ウワサの情報
Tracked: 2008-09-01 01:42