2008年09月23日

GINTO "Chef's special Autumn Course"

GINTO先日、メリージェーンを購入したという記事のなかでチラッと触れた“ちょっと気合い入れて美味しいものを食べに”行ったお店ですが。もったいつけて書いてますが、なんとかの一つ覚えで相変わらず「銀兎」です。

けっきょくそれなりの雰囲気で美味しい店となるとココに行き着いてしまう。困ったときのGINTO頼み。まあいつ行っても美味しいから良しとしましょうかね。

今回いただいたのは「シェフズオータムコース」。旬の味覚をふんだんに使ったGINTOおすすめのコースとのことでコース料理が出てくる前からワクワク。

レッドマウンテンビールまあとりあえず乾杯、ということで、お酒の飲めない家人はノンアルコールカクテルの桃茉莉で、私はコノスル ゲヴェルツトラミネール レゼルバをグラスで。カンパーイ!ワインはソムリエが厳選する旬のワインセレクションの中から選んだ白ワインなのですがこれは特に美味しかった。私好み。とか言いつつ写真はレッドマウンテンビール。これも美味。

きのこと牛ホホ肉のテリーヌムースを巻いた舌平目のプレゼバルバリー産鴨肉のロースト

気になるコース料理はアミューズの「松茸の繊細なロワイヤル」から始まり(くだけて言うと洋風茶碗蒸し…と説明されたことがある、ここのアミューズ)、前菜の「きのこと牛ホホ肉のテリーヌ」(写真・左)と続きます。

そしてバゲットとフォカッチャ、「ムースを巻いた舌平目のブレゼ 季節のコンソメスープ仕立て」(写真・中央)、「バルバリー産鴨肉のロースト アールグレイの香り フォアグラのパートフィロ包み添え」(写真・右)と舌を噛みそうな長い名前のメインディッシュへと続いていくわけですが。

これがもう、どれも美味い。しかも見た目のボリュームのわりにあっさりしていて、全体的にさっぱりと食べられました。個人的には舌平目のブレゼと鴨肉のローストがお気に入り。

GINTOパティシェが贈る 季節の一皿そして最後にデザートの「GINTOパティシエが贈る季節の一皿」とコーヒーで締めくくり。銀兎のスイーツは本当に美味ですね。甘党ではないのですがここのスイーツはかなり好きです。今回はソルベにムースでしたがプリンとかケーキ類も美味ですね。いつかマカロンを食べてみたい…と思いつつも遭遇しない。今度持ち帰りで買ってみようかな…

それにしても3年前はスイーツ食べ放題とか行ってたんだな。しかも昼からすげえ食べてるし。そりゃ太ましいわけだよ…



タグ:銀兎
posted by マグりん at 01:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ?
この記事へのコメント
素晴らしいお料理楽しそうですね

鴨肉おいしそうですね
posted by ryuji_s1 at 2008年09月23日 09:11
見た目がキレイな料理は目でも楽しめますね。
鴨肉、美味しかったです。
posted by マグりん管理人のコメント at 2008年09月24日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。