2009年03月10日

僕を KNOCK KNOCK KNOCK ME DOWN

先日の黒沢健一のライブin恵比寿リキッドルーム。先日の記事のコメントにもチラッと書きましたが、大変楽しゅうございました。いや、もう、ホントにね、凄く良かったです。

生で聴く健ちゃんの歌声は相変わらず素晴らしかったし、ニューアルバムからの曲を中心、と言いつつも新旧入り交じりまくりでサービス満点。わーい!

どのくらい“旧”があるかと言えば、L⇔Rの曲もあるほど。さすがに『KNOCKIN' …』は無いものの、『LAND OF RICHES』演ってくれたときはどうしようかと思いましたよ。

…ええと、ネタバレ回避のため&興奮していたので順番はあんまり覚えていない(後者が本音)なので、とりあえずここではセットリストについては触れませんが。他にも色々“旧”曲は有り!でした、ハイ。(ちなみに当日のセットリストについてはGoogle先生が教えてくれますので知りたい方は是非、検索を。)

しかも今回のツアーのベースはきーちゃん(木下裕晴)だし。個人的に健ちゃん以上に久々に観るきーちゃんが、それはもうカッコ良くて素敵過ぎて。もうもう、感無量。ステージに向かって左側(ベース側)に陣取り、始終声援は「きーちゃーん!」…って、誰のライブ観に行ったんだか。いや、「健ちゃーん」も叫びましたよ、もちろん。それはもう、力一杯。

なんだか最近じゃバンドの再結成がブームみたいだし(?)、来月にはハンキー・パンキーのCDも発売されることだし。もう、こうなったら勢いで3人集まっちゃえばいいのに……なんて、ファンとしては思ってしまう。

いや、まあ、しかし。今回、久々に生『LAND OF RICHES』体験をさせていただいた身としては。今、過去のあのテンションでL⇔Rのライブを演られても、観ているこっちが体力的についていけないだろうな、とは感じました。あのですね。正直“ライブで曲の間じゅう飛び跳ねてるような”状況は、体力的に無理です、ハイ。寄る年波には勝てません。若い当時は「バラード演らなくていいからポップでロックなナンバー(!?)を!」とか本気で思っていたんですけどね。うーん…

ホント、民生じゃないけど、いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとったですよ。いや、若いつもりもないけどさ、別に。



posted by マグりん at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。