2009年05月25日

「覚悟はいいか、江戸川コナン。いや、工藤新一!」

先日、遅ればせながら劇場版名探偵コナン『漆黒の追跡者(チェイサー)』を観てきました。

名探偵コナン 漆黒の追跡者 オリジナルサウンドトラックもはや毎年恒例行事となっている劇場版名探偵コナン鑑賞。で、今年の劇場版の感想はと言えばですね……ええと。起こる事件やストーリーは悪くないと思います。終盤にさしかかるまではけっこう地味な展開ですが、劇場版のなかではなかなか面白い部類だったのではないかと。ただ、ただねえ。どうなんですかねえ、アレは。

とりあえず物語の流れに関係ない部分の感想としては、最近はテレビ版のアニメはコナンよりも圧倒的にナルトを観ることのが多いので(少年編と疾風伝)、白鳥警部が喋るたびに「カカシ先生!」とか思ってしまう自分が居ました。あとは、あのヘッポコ刑事が…まさか!の展開。何でじゃ。大丈夫か、○○県警。まあ、それはともかく。

以下、ほんのりとネタバレ気味なのでこれから観るという方はご注意ください。

今回はテレビCMが衝撃的だったこともあったので敢えて事前に公式サイトをチェックせず、あらすじもゲスト声優の存在すらも知らずに観たのですが。とりあえず、映画開始からものの5分も経たずに(?)私の危惧していた事態に陥り、思わず失笑。危惧、っていうかまあ予想通りの展開だったわけですが。

そりゃそうだよなあ。素直にあのテレビCMのままの展開じゃ今後のコナンに影響及ぼしまくりだものね。でも、だったらあの予告編は詐欺に近いわけで。いや、あの内容であのテレビCMを作った図々しさ…、基い大胆さは評価に値するとは思いますけどね、うん。劇場予告編はフツーなのになあ…

で、前述の通り、本編はなかなか面白かったとは思うのですよ。ただ、最後に劇場版だからと無理矢理派手にやらかした感は否めない。あんなに派手に立ち回っちゃダメでしょ、隠れた組織なんだから。

ゲスト声優に関しては、これまた前述の通り予備知識なしの初見だったのでその存在すら知らなかったのですが、けっこう重要な役所の人物があんまり台詞回しが上手でなかったので誰だろう?と人一倍その声を気にしながら観ていたので、途中でその人物の声の主が誰なのか気付いてしまい、例の決めポーズ&決めセリフ(?)をやらないかとドキドキしてしまいました。まあ始終、フツーだったけど。

そして最後は、俺たちの戦いはこれからだぜ、ってな感じで劇場版コナンの場合劇場版弟14弾製作決定!のお知らせ。ああ、来年もまたやるのか。観ますよ、もちろん。

…うーん。ネタバレ回避のためとは言え、アレだのあんなだの抽象的すぎて良く分からん記事になってしまった。まあ、観た人には分かってもらえる、かな?(?)



posted by マグりん at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。