2009年06月06日

『逆転検事1』

逆転検事 1 (ヤングマガジンコミックス)コミックス版『逆転検事』の1巻が発売されました。

というわけでさっそく今、読んでいるところ。しょっぱなから襟元でたなびくヒラヒラを活かしたストーリーで笑わせてもらいました。そりゃアレが普段着だと言われたら驚くよな、フツー。いやあ、漫画も充分楽しいな、逆転検事。

ちなみにゲームは数日前にいちおうクリア済み。アドベンチャーゲームはネタバレが怖いのでなるべく早くクリアしなくちゃ!と、かなり早足にゲーム進めてしまったのでいろいろ見落としがありそうなので、とりあえずラスボスに勝ってエンドロールは見ましたよという感じですが。実際、見逃してしまったモノがあるようですし……

今回はタクシューが脚本ではなかったわけですが、個人的には逆裁1〜3の雰囲気とくらべて違和感は感じなかったです。ていうか、事前にほとんど情報を仕入れずにゲームを始めたので途中まで脚本が別の人だと知らずにプレイしていたくらいですし。(違和感だったらむしろ4の茜ちゃんとナルホド君のヤサグレっぷりのほうが…ゲフンゲフン)

ただ今回はラスボス倒したあとの爽快感があんまりなかったな。やっぱりこれはラスボスの迫力不足…?いや、面白いことは面白かったんですが。

例のごとくほんのりネタバレしちゃいますので、未プレイの方はご注意願います。

今回のラスボスは、最終的にはただただ諦めの悪い人になってしまっていたのが残念。しかもなんかダラダラと難癖つけては逃げようとするし。ズルイぞ。いろいろな意味で面倒くさいラスボスでした。

そういえば第五話は序盤からなにやら面倒くさそうな話になりそうな展開だった。五話目ということでただでさえ事件が複雑になってきているところに、あの「トラブルの大名行列」な人の登場。え、ココでコイツの無実証明してやらなきゃいけないの!?って気分だったし。“バカのバカによるバカバカしいバカげた”行動なんて放っておけばいいのに…ってわけにはいかないので、ゲームを進めるためにもしょうがないから話聞いてやるか、って感じ。いや、別に嫌いじゃないんだけどさ、このキャラ。でもヤッパリ登場するたびに、またオマエかッ!って気分になる。さすがにこうシリーズ通して何度も何度もトラブル起こされると……ねえ。でもまあ、やりとりは楽しいし、いつものとおり事件の鍵を握る人物でもあるわけですが。

しかし五話はあんなに怪しかったあの人が全くの善人(?)だったことに驚いた。あの人こそ陰で何か悪いことやらかしてそうな雰囲気だったのに…。疑ってゴメンよ……

それにしても『逆転検事』、チョイ役から重要な役どころ(?)まで、『逆転裁判』シリーズの同窓会かと思うくらい懐かしい面々が続々と登場してますな。警察犬のミサイルまできっちり再登場。第四話の舞台設定のおかげで良いものも見れましたし。ものすごいファンサービス。しかもどうやらあのマッサオなスーツのアイツも登場していたらしいじゃないですか。見逃しちゃったよ……

これはもういちどあの話だけでもプレイし直せ、ってことですかね。でもそれってあの話の中盤以降らしいんだよね。登場までにけっこう時間掛かりそうだなあ。しかも話すことも調べることもできないらしいし。うーん……



タグ:逆転裁判
posted by マグりん at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。