2010年06月30日

ねんがんの iPhone 4を てにいれたぞ!

iPhone 4予約開始の翌日、16日の夕方に地元のSoftBankのショップにて予約した(参照)iPhone 4ですが、27日の昼にショップから連絡が入り、無事に手にすることができました。イヤッホウ!

…って、もう既に浮かれたツイートしまくってるんで改めてこんなこと書く必要もないんですが。まあ、いちおう。

ショップの入り口にも予約受け付けは再開したけど次回入荷は未定という貼り紙があったし手に入れたという声もまばらだったので、まさか発売日から3日で手に入るとは微塵も思ってもいませんでしたよ。この様子じゃぜったいに7月初旬発送予定の保護シートやケースが先に届くと思っていたし、下手すりゃ母艦のほうが先に我が家にやってくるんじゃないかと思っていたくらいだったのに。嬉しい誤算。

そんなわけなのでiPhone 4用のアクセサリなど何ひとつ準備していなかったので、本体を受け取るのと同時にシリコンカバーと、ついでにeneloopのスティックブースターも買ったんですが。スティックブースターだとコードが激しく邪魔になるよね、ということに今さら気が付いた(遅い)。あと、ちょっとだけ重い。

というわけでケーブル要らずで軽量なiPhone用モバイルバッテリーはないものかと探してみたところ、PowerStationiWALKが値段もそこそこでなかなか良さげ。重さはどちらも大差なく、価格では前者に軍配があがるけどサイズ的には後者が断然コンパクト。まあふだんはカバンに入れっぱなしなので多少は大きくてもいいけど、いざというときセットして操作となると小さいiWALKがいいかな。うーん、悩むなあ…

なんてことを考えつつレビューを求めてさまよっていたらガジェット通信でこんな記事をみつけた。小型だしやっぱり便利そうだな。ていうかこの記事の写真のアイテムってサイズ比較のために置かれてるんだよね?今どきファミコンカセットって…。ついでにこの記事もある意味、サイズ比較になってるような気もしないでもない。バッテリーが超小型なのか段ボールが巨大なのか…

でもってけっきょくPowerStationとiWALKはどっちが良いのかしら。やっぱり実際にセットしながら使うことを考えてより小さいiWALKを選ぶべきなのか…。とも思ったんだけどとりあえず安いし1000mAhだし何より串刺し充電可能ということなのでPowerStationも捨て難い。串刺し充電可能だと予備バッテリーの充電忘れもなくなるし。どうだろう。うーん…(以下、ループ)

あ、ちなみに。eneloopのスティックブースターはまた別の用途で使うことにします。アレはアレで汎用性があって良いと思う。



タグ:iPhone
posted by マグりん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。