2005年02月14日

「KitKat タカギオリジナル」

KIT KAT タカギオリジナルバレンタインなのでいちおうチョコの話でも。

パティシエ 高木康政氏による「KitKat タカギオリジナル」。つい先日偶然彼に密着したテレビ番組(『ソロモンの王宮』)を観たばかりだったこともあって、コンビニで見かけ思わず衝動買い。パッションフルーツの酸味とカカオのほのかな苦味による味覚のハーモニーが楽しめるとのことなのでかなり期待しながら食べてみたのですが。

…う、うーん。酸っぱい。酸っぱいなあ。なんだかパッションフルーツの酸味ばっかり気になってカカオのほのかな苦味とやらにまで気がまわらないや。うーん。どうなんでしょう、コレ。美味しいことは美味しいんだろうけど、キットカットとしてはどうなの、っていう。とりあえず好き嫌いが分かれそうな味な気もしますが。

まあでもきっと私の舌が貧しいのが悪いのでしょう。なにしろ私、かの「ゴディバ」が口に合わない根っからの貧乏舌なので、ええ。(自分で言っててちょっと虚しい)

それにしてもこのパッケージ、パッと見ちょっと…

[BGM] Blue Valentine's Day/大滝詠一



posted by マグりん at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。