2005年07月07日

続・はとバスツアーでさくらんぼ狩り

それでは先日の「さくらんぼ狩り」ツアーの続編を。

昼食のあとは農園にてメロンと桃の食べ放題。カットされたメロンと丸ごとの桃が用意されており、席について自分で皮を剥きつつ食べるのですが、これがまたどちらもジューシーで美味。大満足。

その後、隣接のお土産店にて山梨限定のキティグッズ「ほうとうバージョン」ストラップと「さくらんぼベビー」バージョンのチャーム(ファスナーマスコット)を購入。さらにその勢いでバスに戻ってから「はとバスキティ」の根付けと携帯クリーナーまで購入する始末。ご当地キティ商法に負けまくり。

セント・ジョーンズ・ワートフルーツをたっぷり堪能したあとはハーブ館へ。ハーブ園ではスイート・バジル、セント・ジョーンズ・ワート、セージやタイムなどなど様々なハーブが立ち並び、あっちこっちで良い香り。

そんななか、どこからともなくプーンとちょっと美味そうな匂いが。フと足下にあるネームプレートを見ると「カレー・プラント」の文字。その名の通りカレーの香りのするハーブで、確かに近づいて匂いを嗅いでみるとカレー以外の何者でもない香り、空腹時には拷問のようなハーブでした。

帰り際に到着時からちょっと気になっていたラベンダーソフトを思い切って購入。香りはもうラベンダーそのものではありますが、味は甘さ控えめな感じでけっこう美味。薄い紫色がキレイ。

ハーブ園を見学したあとは「河口湖ハーブフェスティバル」へ。さすがに会期も終わりに迫っているだけあり、たくさんのツアー客でにぎわっておりました。

辺り一面紫色のラベンダーが咲き乱れ、ハーブの香り漂うなか、気になったのが花壇のアチコチにポツリポツリと出没するオブジェ。魚の塩焼きにクマ……何だコレ。

ラベンダー観賞あとは酒造見学にワイン・焼酎・日本酒の試飲。酒造では世界最大の和太鼓「世界平和太鼓」がドーンとお出迎え。なぜこんなところにこんなものが。それにしてもデカイ。

酒造見学では精米室の案内をしてくれた酒造スタッフのおじさん、さくらんぼ付きのバカ殿カツラが眩しかったです。

試飲したお酒はどれも美味。しかもこの酒造、お酒だけじゃなくて野菜やら食料品もたくさん売っていたりするのですが、どれもこれも激安。思わずジャガイモ買って帰ろうかと思っちゃったよ。でも重いからけっきょくお酒も買わずに帰ってきちゃったんだけど。

そしてこの酒造を最後にツアーは終了、一路東京へ。いやあ、良い旅でした。日帰りバスツアーってけっこう良いもんですね。

関連記事:



タグ:はとバス
posted by マグりん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠足・旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。