2007年11月06日

子供だなんて思ったら 大間違いよ

女の子〜(?)

かなりありえない出来事が起こってしまいましたので愚痴を兼ねて(?)ご報告。

つい先日、買い物ついでに近所のとあるショップにてお酒を買おうとしたところ、レジにて何やら大張り切りの店長に「只今、酒類販売の際に年齢確認を行っておりまして…(云々)…お客様の年齢を確認させて頂きたいのですが…」とかなんとか言われまして。

…。まあ、そんな法律だか条例があるのは何となく知ってはいましたが歳も歳だし(既に余裕で四半世紀以上生きている)実際に面と向かって言われたのは初めてだったので、少々面食らいながらも実年齢を口頭で伝えたところ、若干の沈黙のあと「…いえ、ですのでお客様の年齢が分かる身分証を提示して頂きたい…(云々)」とかなんとか言うじゃないですか。

…うーん。そう言われても私、免許持ってないので身分証明書なんか普段携帯してないですし…。なのでその旨を伝えたところ、「では申し訳ないのですがこのお酒はお売りすることは出来ません…(云々)」。……ハ!?

あまりの出来事にしばし呆然。だってこういう場合の年齢確認って明らかに成人していないであろう相手に対してするものだと思っていたので。まさか三十路越えてこんな目に遭うなんて思わないよ、ふつう。しかも「お客様が二十歳越えてるかどうか確認出来ませんと…」とか言ってるし。

…って、越えてるに決まってんでしょーが。見りゃ分かるでしょ、見りゃ。お化粧なんかはしなくても〜(?)明らかに未成年のピチピチしたソレとは違うでしょーが。だいたいどこの未成年者が年齢聞かれて三十路越えとサバ読むんだか。てことはアレですか?白髪まじりのおじいさんとかが買いに来ても、もし身分証を持っていなかったら同じこと言うんですか?それとも日本人は全員年齢の分かる身分証を携帯しているとでも?

レディに歳を訊ねておいて(?)この始末。冗談は店内のBGMだけにして下さいよ。…ハァ(脱力)

てな感じでもの凄い納得いかなかったのですが、そんなやり取りの間にどんどんレジが混んできており“そんなのどーでもいいから早くしろよ!”という空気がビシビシ伝わってきたのでそれ以上食い下がるのは諦めたんですが。…いやー、どうなのよ、コレ。

ここで「あらヤダ、オバチャンも若くみられたもんね〜」とかなんとか返せば一端の大人って感じなんでしょうが(?)この時の私にそんな余裕があるはずもなく。だってこの私が酒が買えなかったわけですから。給油しようとガソリンスタンド行ったらガソリン売ってもらえなかったようなもんですよ。まったく。

まあお酒に関しては断られた店の目と鼻の先にあるコンビニで無事に売ってもらいましたが(始めからそうすればよかった)、なんだか釈然としなかったので未成年者飲酒禁止法について調べていたところ、面白いコネタを発見。

20歳にならないと、肉じゃがは作れない?!

これ読むと、やっぱり酒類販売の際の年齢確認は20歳以上であることが疑わしい場合にとられる措置ってことで、誰に対してもというわけではないようですね。

と思ったら海外での出来事ですが、こんな記事も発見。

白髪男性がワインを買おうとしたら「年齢確認ができない」と拒否された

……。



タグ:お酒
posted by マグりん at 00:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お若いんですね〜
海外ならわかるけど。

小さいとき祖父や父に酒屋とかタバコ屋にダルマやらピース缶やら買いに行かされてたけど、そういうのはもうないんでしょうね。
posted by ngkrtks at 2007年11月06日 13:25
うーん…確かに実年齢より下にみられることが多いですが。
それでも正直未成年に見えるなんてことはさすがに有り得ないですねぇ…(苦)

今は子どもがおつかいでお酒やタバコどころかみりんも買えない時代なんですね。ちょっとビックリ。
posted by マグりん管理人のコメント at 2007年11月06日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。