2005年10月14日

「マンモス マモタン」

マンモスマモタン今さらながら「マンモス マモタン」に夢中です。9月下旬、閉幕間近の「愛・地球博」に“駆け込み”入場。ここぞとばかりにお土産を漁っていたときに出会ってからというもの私の頭から離れなくなってしまいました。あのオレンジ色のずんぐりボディとトローンとした目がたまりません。ポワーン。

実は万博で出会うまでその存在すら知らなかったのでビデオブックが発売されていることも知らなければその作者が坂井真紀であることももちろん知らなかったし(ああ、そういえばミラクルタイプで紹介されていたような…)、公式サイトがあることも、マモタングッズを取り扱っている店舗が都内にあることも、つい最近まで全く知りませんでした。

しかし今さら知ったところでグッズが手に入るわけもなく。休日に人ごみをかき分けつつ行ったキディランド原宿店にはマモタングッズはもう殆ど残っておらず、A4サイズほどの箱にマスコットなどの商品がほんの少し置いてあるだけでした。うぅ。こんなことなら万博会場でもっとマモタングッズ買い漁ってくればよかったなぁ…

とりあえず今、万博会場で購入してきたSサイズのぬいぐるみを傍らに絵本を読んでいるところ。いやあ、マモタン、ホントに良い子だなあ、可愛いなあ。ポワーン…



posted by マグりん at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
友達が台風の中カッパを着て「愛・地球博」に行った
らしいのですが、それでも「4時間待ち」だったと
聞いています。ご無事でしたか?
マモタン気になるな。坂井真紀が作者ってすごい。
彼女は何を本職としている人なのかイマイチよく
分からなくてマモタンともども気になるわ。
posted by aya at 2005年10月16日 01:58
来場回数が十数回という心強い地元ナビゲーターの指示のもと早々に整理券を受け取っていたので「数時間待ち」はなんとか免れることができましたが、それでも私が行ったときはもう閉幕直前だったのでどこもかしこも混んでました。今思い出しても疲れる(笑)
マモタン、すごく可愛いです。坂井真紀はなんだか独特の雰囲気があって不思議な人ですねえ。でもつい最近、本人オフィシャルサイトの日記を知って読み始めたんですけど、「クレヨンしんちゃん」録画し損ねてショック受けてたりタワレコのポイント有効期限が過ぎていて悔しがっていたりと、良い意味でフツーな感じで「マンモス マモタン」共々、ちょっとほのぼのしました。
posted by マグりん管理人のコメント at 2005年10月17日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。