2005年06月05日

取っ手のとれる〜!?

洗面所の蛇口付近が汚れていたので布でキュッキュキュッキュと拭いていたところ、突然ガコンッと音がした。何ごとかと手元を見てみると…アレ?

図・レバーの取れた取っ手図・レバーの取れた取っ手、別アングル …アレレ?

取っ手部分からレバーが外れてしまっていた。“取っ手”は何処へ…

図・レバーから取れた取っ手フと目線を下ろすと…あった、ありました。洗面ボウルの上にチョコンと乗っていました。別にコレ、洗面ボウルから生えてるわけじゃないです。乗ってるだけです。
(それにしてもコレ、なんか顔が書いてあるみたいな取っ手だなあ…)

図・レバーから取れた取っ手、全体像しかし、洗面所の取っ手ってこんな簡単に外れちゃうもんなんだろうか。ティ●ァールもビックリの簡単着脱っぷり。さして力入れて拭いていたわけでもないのに。接着剤とか使ってないんか。

いちおうこれでも築1年強の家なんですが。いったいどうなってるんだか…

そういえば引っ越し直後、キッチンのハンドシャワータイプの蛇口は施工ミスでホースが元に戻らなかったなあ。修理の人が来てくれるまで蛇口が宙ブラリ状態。あのときは焦った。今回のコレはまあ何とか元に戻すことができたけれど、またいつ外れるか分からんのでちょっぴり不安。

図・正常な状態の取っ手ちなみにコレが正常な状態の取っ手。

蛇口裏と併せて、なんかだちょっと表情がある洗面所なのでした。(ロボットみたい)



posted by マグりん at 18:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2005年06月04日

こんばんは、鈴木順マッケンローです。

※ タイトルと内容はあまり関係ないです。

以前、映画『スウィングガールズ』をきっかけに相方がまんまとジャズにハマった、という話をしたのですが(参照)、一時的かと思われたジャズ熱はその後も順調なようで。雑誌やディスクガイドを頼りに漁るようにCDを大人買い、我が家のコンポからは連日のようにジャズが流れ、お気に入りのジャズ喫茶に通い、ジャズ繋がりというだけで映画『ターミナル』のDVDを購入、といったジャズ三昧(?)の日々を送っている模様。(ちなみに『ターミナル』はジャズ云々関係なくフツーに面白いのでオススメ)

そんな熱の入れっぷりに半ばあきれつつもおとなしく傍観していたのですが。これまで我が家のコンポでかかる曲はいわゆる“オジサンがブランデーグラスなんか回しながら聴いているような”イメージの曲が多かったのだけれども、先日珍しくクラブ系の曲がかかっており(どうやら『GROOVIN’HIGH』を聴いていたらしい)『LOUD MINORITY』が流れたので「あ、UNITED FUTURE ORGANIZATIONだ。」と思わず反応したら、なんだかもの凄く驚いた顔で「何で知ってるの!?」と返された。エッ?何で、って。だってコレ有名な曲じゃないの?『世界かれいどすこうぷ』で流れてただろうが(ってそんなこと言っても分かんないか)。私でさえ知ってるし、確かCD持ってたような気がするし。ていうか、UFOを知ってるだけで驚かれるってことはもしかして私、猛烈にバカにされてるのではないだろうか。

Now And Thenちなみにその後、段ボール漁ったら『LOUD MINORITY』のマキシシングルを発見。その昔新譜で買ったシロモノ。懐かしい。しかしこんなものひっぱり出しておかげで猛烈にUFOが聴きたくなってけっきょく自分で『Now And Then』注文しちゃったじゃないかよ。思いがけない出費ですよ。まあいいけど。

ところで「世界かれいどすこうぷ」って一瞬「世界かとうれいこ」とか読めちゃいます、未だに。

posted by マグりん at 17:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月14日

アンドロメダを西南に〜

日付も変わり夜も更けようという頃に、どういう経緯かすっかり忘れましたが『大地讃頌』という歌の話で盛り上がる我が家。何故だ。

この曲、中学時代に合唱コンクールや授業で耳にした、実際に歌った経験のある人が多いのではないかと思うのですが。かく言う私もその一人でございました。

しかしあんなにしつこく歌ったはずの歌なのに歌詞や己のパートのメロディなどがけっこう朧げで。しかも“合唱コンクール”なんていう懐かしい単語を口にしてしまったばかりに私の頭のなかには新たに『空駆ける天馬』だの『時の旅人』だの懐かしいフレーズが湧いて出て来てしまい、そしてそのどれも記憶が朧げという、なんともモヤっとした状態に。うーん。

このままでは気になって眠れんので歌詞だけでも、と藁をもすがる思いで検索してみたところ…なんともあっさりと「山の愛唱歌集」なるサイトを発見。おお、コレは素晴らしい。歌詞とメロディだけでなく混声合唱曲はパート別にも記載されているではないですか。おおおお。♪人の子らーあー 人の子 人の子 その立つ 土ぃーに感謝ーせよー、ですよ。♪スワンの スワンの スワンのぉー スワンの星座を 東南のぉー、ですよ。これでもう迷うことなく心置きなく歌えます……じゃなかった、眠れますよ。ハー、スッキリ。

それにしても『大地讃頌』や『空駆ける天馬』ってこんな変な歌でしたっけか。前者は土に感謝せよ土に感謝せよってそんなに言われても、って感じだし。後者もなんか妙にテンション高いし。ううむ。中学生当時はそんなもんかと思って歌っていたけど、合唱曲ってなんか妙なテンションの歌多いですね。まあそのほうが歌っているほうは気分良さそうだけど。

そんななか『時の旅人』は今聴いてもなかなか奇麗な曲で、暑苦しくない爽やかな印象の歌。そういえば当時合唱コンクールでこの曲を歌うクラスがちょっと羨ましかったことを今頃になってフと思い出したりする私なのでした。ちなみにそのとき私のクラスの歌った曲は『消えた八月』だったような…この曲、難しいわテーマ重いわでけっこう苦労した覚えが。(ところで『消えた八月』と『空駆ける天馬』は同じ作曲者なのですね。ヘー)

それにしてもこの歳になって合唱コンクールの話するとは思わなかったなあ。

posted by マグりん at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月05日

ジャズやるべ?

先日、映画「スウィングガールズ」を観てからというもの相方がまんまとジャズにハマったようでして。AmazonでジャズのCDを漁りFujisanでジャズ雑誌を漁り、ついにはジャズを習いに行きたいとかなんとか呟く始末。まるでジェットコースター並のスピードでハマって行く姿を見て、人間ってこんないとも簡単に影響受けちゃうものなのかと、関心しつつもちょっぴり恐怖も感じております。

posted by マグりん at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年04月27日

桂歌丸の年齢について考える

桂歌丸(3)牡丹灯籠-栗橋宿フとした事から桂歌丸(以下、歌さん)の年齢の話題になり「歌さんてかなり年長に見えるけど、まだ60代なんだよね」と言う私に対し、「エエッ!それは絶対ない!絶対、嘘!」と声を荒げる相方。いや、嘘とか言われても…と思ったのだがヤケに自信たっぷりに否定する相方を見て己の記憶違いかとちょっぴり不安になる私。しかし検索の結果、やはり歌さんは現在68歳(今年8月で69歳)。

…という事実を前にしてもまだなおも「嘘だ」と信じられない様子の相方。挙げ句の果てには「それじゃ計算が合わない」とか言う始末。何の計算だよ。彼が言うには「だって歌さんは自分が小学生の時からもう“おじいちゃん”だったのに、それだと当時まだ40代〜50代だったことになる。あの風貌から当時その若さだったとは思えない。だから、絶対おかしい」とのこと。…うーん、言われてみれば。

…なんてついうっかり納得しそうになってしまったんだが。まあ、小学生の目から見たら歌さんのように痩せ形で禿げ…基いおデコの異様に広い人の場合、失礼ながら40代後半も50代も60代も区別つかないのではないかと。そこにきて、隣の席のこれまた妙に若々しい風貌の楽太郎に“ミイラ”だの“死体”だの“棺桶”だのとツッコミを入れられている姿をさんざん見せつけられ、子供心に「ああ、歌さんはヨボヨボのジジイなのか。棺桶に片足…(以下、略)」などと考えていたのではないかと。うん。

なんてことを真剣に考えた、火曜の深夜なのでした。何やってんだ、自分。

参照サイト:

posted by マグりん at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年04月11日

桜が満開、だったようで

先週末。東京は花見日和だったようで相方は学生時代の仲間とお花見にいそいそと出掛けて行きましたが、花粉症をこじらせている私はこんなバフバフと花粉飛散する最中に桜を愛でる、なんて優雅なことが出来るはずもなく。おとなしく家に籠っておりました。ハァ。

そんな中、今年唯一この目で愛でることが出来た桜が、自宅の目と鼻の先にある1本の立派なソメイヨシノ(写真参照)。この写真は先週末ゴミ出しついでに早朝に撮影したものなでちょっと寂しい色味ですが、自宅の窓からチラッと観たところ陽が充分に当たっている時間はそれはもうキレイな淡いピンク色でございました。

ちなみに私がリアルで目にした満開の桜は今年は本当にコレ1本。虚しい。ちょっと歩けば川沿いの桜並木がきれいな場所があるんですけどね。行ったところで目、開かねえっての…

花粉、憎し。

posted by マグりん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月04日

只野仁、本日の…

ええと。居眠りしてたらすっかり観忘れてましたよ。ハァ。

録画するのもすっかり忘れてたし。何のための文明の利器なんだか…

posted by マグりん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年02月26日

30万名様お試しキャンペーン

ネスレ ネスカフェ 香味焙煎 80g 先日応募した「香味焙煎」30万名様お試しキャンペーンですが、当選しました。ヤッター。まあ30万人当選するプレゼントでハズレるほうがかなりレアなのかもしれないけど…
※ 写真は80g入り「香味焙煎」

posted by マグりん at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年02月19日

WILLCOM発見。

EDGE街頭広告某駅にてEDGEの街頭広告を発見、せっかくなので京ぽんAH-K3001V)のカメラで撮影、撮速メール(※)

ちなみに京ぽんカメラの画素数は今どき11万画素なんですよ。
…………
な、泣いてなんかないやい…(シクシク)

参考ページ:

posted by マグりん at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年02月13日

でも私、歴史はサッパリですから!

風雲 幕末伝私が惰眠を貪っている間に相方は、勝海舟に剣術の稽古を受けさらに坂本龍馬と接見した、らしい。…って、ハ!?何の話だよ、と思ったらどうやら注文しておいたPS2ソフト『風雲 幕末伝』が届いたのでさっそくプレイしているところなんだそうで。ハァ。

しかし、幕末がどうの、佐幕派がどうの倒幕派がどうの、と熱く語られたところで私、歴史はサッパリ分かりませんから!ざ…(以下、略)。まあ偉そうに言うことじゃないんですけど。正直私、歴史に関しては知識もなけりゃ興味もないので。残念!(あ。)

でも「最初主人公の名前を自分の本名に設定してプレイしていたのだけれど画面に名前が出て来るたびに恥ずかしくなったのでけっきょくデフォルトの“宮本宗助”に戻しちゃった」という話にだけは共感できますよ。うん。

しかしまあ、血がビュービュー吹き出て、痛そうなゲームだな…

公式サイト:風雲 幕末伝 公式サイト

posted by マグりん at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記