2010年03月24日

そんなことがたまらないのだ

Twitterでもつぶやきましたが……クマですよ、クマ。

小沢健二、ヴォーグ誌でニューヨークの生活語る

ライブは追加公演すらも行かれそうもないですが、とりあえずこうやってニュース記事や公式サイトで新しい情報が得られる状況ならまあ良いかなあと思わなくもない。いや、できればライブにも行きたいですけど。

とりあえず「VOGUE NIPPON」と「ROCKIN'ON JAPAN」の5月号は買うかな。後者はオリジナルが実家にまだ在る(はず)だけど、書き下ろしの前文というのも読みたいし。

公式サイト:



タグ:小沢健二
posted by マグりん at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2010年01月19日

アーッ!てな気分も吹っ飛ぶ

エッ!?ホントに!?

小沢健二ライブ活動再開!13年ぶり全国ツアー決定

ちょっとちょっとちょっとー。私にしては珍しく高熱出して猫んで…基い寝込んで、カーペットになる夢とかみたり見なかったりして、でもってようやく熱がちょっと下がりかけたところにこんなニュースが。また熱が上がりそう。

って、こうやっておとなしく寝ていない時点でまた熱ぶりかえすの必至なのかもしれないけど……

参照サイト:

posted by マグりん at 17:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2009年03月10日

僕を KNOCK KNOCK KNOCK ME DOWN

先日の黒沢健一のライブin恵比寿リキッドルーム。先日の記事のコメントにもチラッと書きましたが、大変楽しゅうございました。いや、もう、ホントにね、凄く良かったです。

生で聴く健ちゃんの歌声は相変わらず素晴らしかったし、ニューアルバムからの曲を中心、と言いつつも新旧入り交じりまくりでサービス満点。わーい!

どのくらい“旧”があるかと言えば、L⇔Rの曲もあるほど。さすがに『KNOCKIN' …』は無いものの、『LAND OF RICHES』演ってくれたときはどうしようかと思いましたよ。

…ええと、ネタバレ回避のため&興奮していたので順番はあんまり覚えていない(後者が本音)なので、とりあえずここではセットリストについては触れませんが。他にも色々“旧”曲は有り!でした、ハイ。(ちなみに当日のセットリストについてはGoogle先生が教えてくれますので知りたい方は是非、検索を。)

しかも今回のツアーのベースはきーちゃん(木下裕晴)だし。個人的に健ちゃん以上に久々に観るきーちゃんが、それはもうカッコ良くて素敵過ぎて。もうもう、感無量。ステージに向かって左側(ベース側)に陣取り、始終声援は「きーちゃーん!」…って、誰のライブ観に行ったんだか。いや、「健ちゃーん」も叫びましたよ、もちろん。それはもう、力一杯。

なんだか最近じゃバンドの再結成がブームみたいだし(?)、来月にはハンキー・パンキーのCDも発売されることだし。もう、こうなったら勢いで3人集まっちゃえばいいのに……なんて、ファンとしては思ってしまう。

いや、まあ、しかし。今回、久々に生『LAND OF RICHES』体験をさせていただいた身としては。今、過去のあのテンションでL⇔Rのライブを演られても、観ているこっちが体力的についていけないだろうな、とは感じました。あのですね。正直“ライブで曲の間じゅう飛び跳ねてるような”状況は、体力的に無理です、ハイ。寄る年波には勝てません。若い当時は「バラード演らなくていいからポップでロックなナンバー(!?)を!」とか本気で思っていたんですけどね。うーん…

ホント、民生じゃないけど、いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとったですよ。いや、若いつもりもないけどさ、別に。

posted by マグりん at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2009年03月07日

今 言える言葉は Just say…

Focus明日、というか今日は待ちに待った黒沢健一のライブ。というわけで発売されたばかりのアルバムを聴いて今からワクワク。

と同時に先日「とくダネ!」の「朝のヒットスタジオ」コーナーに出演したときのVTRを観ておくことに。

久々にテレビで、それも「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」を歌う健一くんを観てニヤニヤ。さらに昔の映像も久々に観てニヤニヤ。しかも紹介のされ方がごくごく当然のように“L⇔Rの黒沢健一さん”だ。解散してないからね。なんか嬉しい。この曲、134万枚も売れたんですね。そうか、そうだったのか。

で、久々に聴く生「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」。さすがの健一くんもさんざん歌っていたころに比べたら声が出ていないような印象を受けたけれど、それでも久々の歌を生であれだけ歌うのは凄いというか何というか。今夜のライブ、楽しみだ。

それにしてもこのコーナーの最後、恭子ちゃんに何やらお願いされているから何をするのかと思ったら。唐突に健一くんが「今 言える言葉は Just say アマターツー(天達)」と歌い上げたあと、お天気コーナーへ突入。……せっかくの美声に何させてるんですか、「とくダネ!」は。

posted by マグりん at 00:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2009年03月01日

わたしはラッキー

そしてまさしく、どこまでハッピー、だった一昨日のユニコーンのシークレットライブ。昨日はあちこちのメディアでとりあげられていた模様。

ユニコーン、5678日ぶりライブで23曲(サンケイスポーツ)

模様…なんて曖昧な表現なのは私は昨日は朝からバスツアーに出掛けていてテレビやネットを観ていなかったので、メディアがどのような盛り上がりっぷり(?)だったのか全く知らないのです。うーん…スミマセン。

他にもネット記事ではデイリー日刊スポーツスポニチなども。おお、凄い。なんだか記事によって当選人数や集合時間、バスの台数がバラバラでどれが正しいのかちょっと分かりませんが。

とりあえず記事のとおり、集合はみなとみらい、会場はよこすか芸術劇場。個人的にはちょっと遠かったです。が、もちろん文句はいっさい言わない。ていうか、言えない。言うつもりもない、当然。ただただ当選したことに感謝、そして座席が最前列だった幸運に感謝、です。もう足向けて寝れませんよ。どの方向にかちょっとよく分かりませんが。

ちなみに集合時間に関しては、集合場所でのアナウンスから推測すると“イッパンジン”は午後2時から20分刻みで時間をずらしての集合、移動バスへの案内だったようです。(午後3時30分集合、という記事は関係者の集合時間なのかな?)

セットリストや演出などに関してはあちこちで語られている通り。新旧織り交ぜての大興奮のステージ。いや、もう、感無量。平均年齢44.4歳、オッサンをネタにしつつもパワフルなライブでした。素敵過ぎます、オッサン。いや観てるこっちもオバサンなんだけどさ。

お揃いの衣装(コスプレ)だったのも観ていて楽しい、ポイント高いです。あ、そういえば。衣装はお揃いだったけどツナギのときに川西さんだけナイキのスニーカーだったのは、他の皆が穿いていたジャックパーセル(たぶん。色は黒)だとドラムペダルが踏みづらいとかあるんでしょうか。良く分かりませんが。

でもって今回はシークレットライブなので物販はどうなるのだろう?と思っていのですが、ツアーグッズのうちの一部ではありますがライブ前後の時間でグッズ等の販売がありました。本ツアーのチケットが取れていない身としては、これは嬉しい。しかも今回のみ販売の「シークレットライブ限定Tシャツ」なるものもあるではないですか。お一人様、一枚のみ購入可能。お、おぉ…。これは…買うしかないですよね、やっぱり。ツアーTシャツに比べるとなんだか微妙に可愛くないですが…ゲフンゲフン。何でもないです、何でも。

限定Tシャツやバッチセット、などなどというわけで、手帳・タオル・ポスター・キャンドル・スイングトップ・バッチセット・バッグ・限定Tシャツの中から私はバッチセットとバッグと限定Tシャツを購入。座席に貼り付けてあったチケットと、キャッチしたピックと一緒に写してみました。ああ、もう、宝物にしよう…

それにしても5678日ぶり、なんて。わざわざそうなる日を狙ったのか、と思わなくもないですが。しかしまあ、16年振りと言われると長かったと実感できるけど、5678日ぶりと言われるととたんにどれだけの長さかいまいち良く分からなくなる不思議。

タグ:Unicorn
posted by マグりん at 23:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2009年02月28日

最高だぜ たまんないだぜ しびれるだぜ

まったくシルブプレWAO!…というわけで。

ええと。一つ前の記事で触れたように、雪(のち雨)のとんでもなく寒いなか、関東某所まで行って来ました。隣接県へ電車で移動なのになぜかパスポート(と、健康保険証)を持って。

まあ何しに行ったかと言いますと、例のユニコーンのシークレットライブを観に行って来たのであります!わーい。当たっちゃったんですよ、なんか知らんけど。ライブのチケットはいつまでたっても取れないくせに。クジ運、悪いのに。

しかも、しかもですね。なんか私、テッシー側の最前列だったんですよ、席が。抽選に当たった時点では座席が決まっていなくて、集合場所からライブ会場へと移動するバスの、たまたま乗り合わせた座席の背もたれのカバーに貼ってあった番号がそのまま座席番号だっただけなのですが。「1階 B・B列 xx番」と書いてありまして。そのB・B列、というのが左右の座席の最前列だったんです。まさかB・B列、で最前列とは思ってなかったのでビックリ!凄い。

苦節二十年(?)、やっとの思いで観ることができた初・ユニコーンライブがシークレットライブでしかも最前列。しかも最後にテッシーのピック、ゲットしたし。やばい。まさに「胸いっぱいで 夢みたいで」状態。なんかもう、今年の運、全て使い果たしたような気がする。いや、今年と言わず、その先も…?(!?)大丈夫なんだろうか、自分…

いや、それにしても。楽しいライブでした。もっとまともにライブの感想なんか書きたいところなんですけど、明日ちょっと友人とバスツアーでいちご狩りに行く関係上、さっさと風呂入って寝ないといけないんで。今日はこれまで。っていうかまあ私が書かなくても他の人々のブログなり掲示板なりSNSなりで詳しく書かれていることでしょうから、まあ私はこんなもんでいいですかね。…いいのか?良くないよな、やっぱり。

とりあえず会場や移動中の雰囲気なんかは兵庫さんのブログあたりを見ると分かるのではないかと。

参照サイト:

タグ:Unicorn
posted by マグりん at 01:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2009年01月01日

タコあげすんだら カルタ書きぞめ…

エッ!?

ユニコーン15年ぶり再結成!全国ツアーへ

まさに、よい年でありますように なにか起こりそうなお正月だよ、全員集合!(?)

と、言うわけで。詳しくはコチラ

今年は黒沢健一もツアーやるし、久々に色々とライブ行くことになりそうだなー…って、チケット取れるんだろうか。ドキドキ。

[BGM] お年玉/UNICORN

参照サイト:

タグ:Unicorn
posted by マグりん at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2008年10月24日

WE LOVE ヘキサゴン リミテッドエディション

WE LOVE ヘキサゴン リミテッドエディション(完全限定生産盤)買ってしまいました、「WE LOVE ヘキサゴン リミテッドエディション(完全限定生産盤)」。つい、出来心で。

もちろん目当てはあの人…だったんですけど蓋を開けてみたら「天下無敵の一発屋2008」でかろうじて歌ってるだけで他では全然音楽絡んでないじゃん。エアバンドではギター担当だけどリアルギターは別の人(高野哲)だからCDで聴いてる分にはまったくもってエアーな存在だし。うーん。

って、まあそんなもんだろうとは思ってましたが。ヘキサゴン的には金剛地武志はリアルギターは弾けない設定になってるんでしょうか。まあ、いいけどさ。

ちなみにアルバムとしては曲と曲の合間にアラジン(羞恥心&Pabo)のMCが入っていてなかなか楽しめる構成になってました。私は番組の「ヘキサゴン」は殆ど観たことがないので個人的にはとくに思い入れもないんですけど、番組好きな人とか彼らが好きな人は楽しめるんじゃないでしょうか。このアルバムの購入層の殆どがそういう人だろうし。(ていうか私のような理由で買う人なんて殆ど居ないだろう…)

Incomplete Questionsところで今、このyes,mama ok?のコンプリートボックス買うかどうか迷っております。PV映像も入ってるらしいけど音源は既にコンプリートしてるしなあ。PVも観たことあるし。うーん…

と思っていたらHMVのインタビュー映像で「某Tubeでもうご覧になってる人いるかもしれませんけれども、こちらはキレイな映像で観られますんで、是非」と言われてしまった。しかもボックスのデザインはキラーの仕事だとかで。え、じゃあ、買おうかな…。ていうか、このインタビュー映像、面白い。無駄に(失礼)長いし。タックのインタビューといえば週刊!ハタラキングのも面白かったな。

タック、インタビュー映像でほのめかしていますが、この機会にまた音楽始めてくれるんでしょうか。ギター持ってほしいなあ、タック。転職したとか言わないで(苦)、ぜひ真剣に考えてくださいませ。いや、ホントに。期待してます。

タグ:金剛地武志
posted by マグりん at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2008年07月21日

僕たちは待ち続けてる いつでも そして今でも

今さら知ったんですけど、何ですかこのニュース。

L⇔Rの黒沢兄弟、10年ぶり共演!

しかもタイトル読んでてっきり復活でもするのかと思ったら、「デコレ村」って。パンダって。何ですかそれは。

いや、ホントに「『デコレ村』って何?」状態だったんで速攻で調べちゃったんですけど、その結果が“デコレ村とは人々の心の中に元々ある優しくてあたたかい気持ちのこと”という世界観を、物語やアニメーション、デジタルコンテンツなど幅広く、また継続的に制作物として発表します。…ってますます良く分からない。

いちおうその後、秀樹のブログのおかげで比較的分かりやすいニュースを読むことが出来たんで何となくは把握できたのですが。最初からこっちのニュース読めばよかった。しかし久々の兄弟揃っての活動がデコレ村オールスターズって。パンダって。

でもまあ、どんな形でも黒沢兄弟が一緒に音楽活動してくれるのはファンとして単純に嬉しい。このままL⇔R復活しちゃったりしないかな…なんて淡い期待を抱きつつデコレ村オールスターズのミニアルバム発売を待つことにします。

(…なんてこと言ってますが。実は私、健一のライブ盤も未だ買ってなければ昨年末に配信された新曲も買ってないことに今気がついた。ついでに秀樹のCDも一枚持ってないものがあることにも気がついちゃったし。なんかもうダメじゃん、私。全然ついて行けてない…)

参照サイト:

タグ:L⇔R
posted by マグりん at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2008年02月08日

MTV 告白宣言

先日、お誘いを受けるがままに「MTV 告白宣言」なるライブイベントを観るため、雪まじりの雨の中、SHIBUYA-AXまで言ってきました。

渋谷(原宿)行くのも久しぶりなら、ライブ観るのも久しぶり。さらに最近全然テレビも観なけりゃ音楽も聴かないので、出演アーティスト3組のうち1組は名前は聞いたことあるなあ…というくらいの認識。もう1組も有名な曲しか知らないし、かろうじて知ってる最後の1組も別ユニットのファンだが母体の楽曲は好きでも嫌いでもない、って具合。しかもイベントのサブタイトルはMTVが贈る女の子限定のセクシーバレンタインイベント!。……!?参加して大丈夫なのか、私。

しかしまあそんなこと要らぬ心配だったようで。観客はバレンタインイベントにも関わらずアンチ・バレンタイン派(?)が大多数(←ブリグリのMC時に判明)。いざステージが始まってみれば、知らない曲だらけでもなかなか楽しめるもんなんですね。まあジャンルがポップスで中には知ってる曲もあり、そこそこ好きなバンドもあり、だったこともあるかもしれませんが。でもまあ、久々に観るライブは良かったです。

MCも楽しかったですし。特にthe brilliant green。さすが伊達にデビュー10周年迎えてないです。場慣れしてますし、良い感じで力入ってないTommyが素敵。イベント当日はTommyの誕生日で(2月6日)、バレンタインイベントのはずなのにブリグリのアクト時はいつの間にかTommyのバースデーイベントになってたし。楽しかった。ちょっとブリグリのファンになったかもしれない(いや、もともとTommyは好きですが)。

他2組については、ELTは生で観る持田香織がキレイでしたしMCも良い感じでユルくて良かったんですが、やっぱりまだ声がちょっと出ていないようで。「fragile」を歌うのはちょっと厳しそう。今回のイベント用に歌わざるを得なかった楽曲だったんだとは思うけれども(←MTVのアンケートのカラオケで女のコが歌うとグッとくる曲といえば?の第2位が「fragile」だった模様)、もっと歌いやすい曲だけ歌わせてあげたいよなあ、と老婆心ながらちょっと気にしてみたりもして。

で、もう1組の“いきものがかり”は、ぶっちゃけ姿を見るのも聴くのも初めてだったんですけど(私、もう歳なので若い人は良く分かりません…)、曲も良いし歌も上手いし、ライブは良かったです。が、オバちゃん的には、あの若々しいエネルギッシュなMCはちょっともう無理です。既に“誕生日なんて別に楽しみでは無い”年代の私、ノッテルカ〜イ!?系(?)のMCには、もうついていけない歳なのだ……と改めて実感。若いって良いですね。(?)

Ash Like Snow(初回生産限定盤)(DVD付)あ、そうそう。単純なので私、家に帰ってからさっそく「Ash Like Snow」の初回限定盤をポチッてしまいました。機動戦士ガンダム00は観てないけどサ。(どうでもいいけどダブルオー、キャラクターデザインが“高河ゆん”なのね。いや、別に、だから何ってわけでもないんですけど。

しかもこんなものまで予約しちゃったりして。

いやあ、ホント、単純。他人様のこと言えない。

posted by マグりん at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽